建築工房 時遊館のWebサイト「お客様の声」のページです。

> お客様の声

 

お客様の声:A様邸「あおいやね」

2008年7月31日、念願の「あおいやね」の家が完成しました。あおいやね-南面
設計から施工の一年と二ヶ月の歳月は、私にとり一生に一度の貴重で尊くエネルギッシュな時間だったと思います。
誰しもマイホームを建てるという決意は、夢と希望に満ちた思いですが、こと私にとりましては「ただ建てられてよかった」のひと言では済まされない、深い深い想いの形がこの「あおいやね」の家なのです。
現実的には「あおいやね」には私一人と愛犬一匹とで、これからの時間をずっと過ごします。でも実は青柳家の神々様とご先祖一同の想いと共に過ごしていけるのだと思っています。

私の祖父と父は、安曇野市内の数百軒かのお家や納屋の新築や、今で言うリフォームを手掛けた大工でした。
解体しなければならなかった我が旧家も、勿論、祖父と父が精魂込めて建てた家でした。その父は一昨年前に82歳で他界いたしました。旧家は40年程前に建てた家でしたので、段差もあり、施錠もきっちりしておらず、明るさも通気性も十分とは言えず、機能性も充分とは言えないような、色々な面で支障がありました。
生前、亡父は「俺の建てた家は古くたって、今の簡単に建たる家なんかに負けない頑丈さがある!職人が精魂込めて築き上げる木の家が本物の家だ!」が名台詞でした。
亡父の想いとは裏腹に、母は機能的な心癒される新築の木の家を望んでいましたが、その夢も叶わぬまま4年前に他界いたしました。「ビフォーアフター」というTV番組を、毎週欠かさず視聴していた亡母の姿が目に焼き付いており、娘としては今もいっぱいの気持ちになります。

そしてもう一人、私の主人も「ヨシ(私の名前です)の実家みたいに、親父さんの職人気質に答えられる様な、木の家を俺が絶対建てるから」と心してくれていたにもかかわらず、5年前に他界してしまいました。
だからこの「あおいやね」は、亡父、亡母、亡主人と、そして先祖一同の全ての想いの集大成だと言っても過言ではないのです。
大切な両親と大切な主人の三人を喪主として見送り、そして女だてらに施主として家を築き上げるなど、私の人生設計にはありませんでした。何があっても全て自分で決断し、自分の力で立ち上がり、辛いとか苦しいとか大変だとか、泣き言も吐いている余裕もなく突っ走ってきた5年間の中で、家を建てることは一大イベントでした。
何が支えになっていたんだろう?
答えは二つでした。 一つは工務店である「時遊館」箕輪社長様と従業員の皆様、そして「尾日向設計事務所」の尾日向様と、ご縁あって「あおいやね」の完成に向けて携わり、向き合い続けて下さった姿勢は、ただ一つの大きな“信頼”という繋がりであったこと。
そしてもう一つは、亡父・亡母・亡主人に誇りの思いを持ち続けて、いつでも見守ってくれているという後ろ盾の心強さでした。

主が変わり者であったが為に、随分わがままを申し上げた事でしょう。でも、箕輪社長様はじめ従業員の皆様、携わって下さった業者の皆様すべて歩み寄り、受け入れて下さったのです。
「あおいやね」の二階の和室のことを書かせていただきます。
青柳家の祖先は、坂北村にある「青柳城」の戦国時代の落ち武者です。私の代になり、必然かどうなのか、家を新築する状況ではない2年前より、何度も青柳城址に何故か足を運んでいました。 先祖一同の想いを託されたのか「あおいやね」の二階はある意味「天守閣」として存在する様、設計・施工していただきました。
二階の障子を開けると、見渡す限りの安曇野の景色で、また感慨深いものがあります。目には見えぬものの「青柳城址」方向を拝める空間は、申し分のない、ありがたい場所となりました。
一人暮らしのもしもの際には、との願いも網羅して下さり、車椅子の生活でも対応できる様に、一連のラインとスペース、そしてこれほどか…というくらいの収納の確保は、何の無理もなく、何の無駄もなく、ありがたく嬉しい空間です。
小上がり付きのゆったりしたリビング、広いデッキは沢山の友人達が楽しんでもらえる空間で、その中心には、60年選手で青柳家を見守り続けてくれた「柿の木」を使って、大工さんがテーブルと椅子を丁寧に製作して下さり、今日までの青柳家の歴史を優しく包み込み、そしてこれからの青柳家の暖かく見守り続けながら、集まってくれた方々を心ごと迎え入れてくれる存在となっています。

家を建てるということは、過去・現在・未来すべての想いの集大成だと思っています。
そして、施主の想いを全て受け入れて施工して下さる工務店様と、設計士様と施主が「三位一体」となってはじめて叶えられる事だと思います。
そこには「信頼」と「向き合う気持ち」なければ成立し得ないと言うことです。
私は丁寧で妥協を許さない完璧なお仕事で施工される「時遊館」様とご縁があり、このタイミングをもって出逢え、すべてお任せし、お骨折りいただいたことを心より感謝申し上げたい気持ちでいっぱいです。
お願いさせていただき、本当に良かったと思います。本当にありがとうございました。
そして、これからも「時遊館」様と、信頼という絆を持ってして、心で向き合っていきたいと思っております。末永くよろしくお願い申し上げます。

あおいやね 施主

 

△ PAGE TOP